スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

GTALCS物語 第二話 「出会い」

物語第二話、出会いです。
第二話 「出会い」

ULUS-10041_111119223825_421.jpg

トニー「やった・・・。ポートランドから出たぞ!」

俺はついにポートランドから脱出したのだ。
だが警察の捜索がポートランドだけのわけもなく・・・。

ULUS-10041_11111922392_828.jpg


トニー「くそ!ここにもサツの手が!」

俺はまた、とにかく走った。できるだけ遠くへ・・・。

そしてある一つの空家を発見する。

ULUS-10041_11111922410_142.jpg

トニー「はぁはぁ・・・。ん!?ここは・・・。」

中には誰もいなかった。俺は入った。だが、この決断は正解だったと、後で思い知らされる。


ULUS-10041_11111922419_672.jpg

中は普通の部屋だった。

トニー「一体何キロはしったんだ!?」

俺の足はもうガクガクだった。

ULUS-10041_111119224138_440.jpg






トニー「もう・・・無理だ・・・・。」

俺はベッドへ寝てしまった。いつ主人が帰ってくるか分からないのに・・・。

ULUS-10041_11111922434_499.jpg

俺は目を覚ました。もう次の朝だ。幸運にも、主人は帰ってきていない。

トニー「仕事を探さなくては・・・。」

俺は仕事を手に入れるために、受かりそうな服を探した。
さすがにこの服では血もついていて明らかに不審者だ。

ULUS-10041_111119224314_235.jpg

横を見るとクローゼットがあった。俺はここから服を探した。






ULUS-10041_111119224342_619.jpg



トニー「よし!完璧だ!」


俺は外に出た。

ULUS-10041_111119224422_392.jpg


トニー「すごい量の銃だな・・。」


ガレージには大量の銃があった。だが全て銃弾は抜かれている。

隣のガレージを見ると・・・


ULUS-10041_111119224427_623.jpg


トニー「いい車があんじゃねーか!」


俺は迷わず車に乗った。


ULUS-10041_111119224431_501.jpg



俺は殺人なんて今までしたことなかったが、上の命令で麻薬売買や恐喝なんてのはよくしていた。
車の窃盗なんてちょちょいのちょいだ。


俺はいい仕事場を探しながら運転していた、すると!?

看板広告「ちょっと物を届けると$10万!誰でも雇います!!」


ULUS-10041_111119224545_615.jpg



俺は目を疑った。すぐその店に行った。

ULUS-10041_11111922468_413.jpg


トニー「あの~・・・。ちょっと物を届けると$10万っていう店ってここですか?」

店員「あっ!はいそうです~。アルバイトの申請ですね?ならこの申請書に書きますので、お名前を・・・。」

トニー「名前は、トニッ!(ここで正直にトニー・シプリアー二っていったら通報されるんじゃ・・・。」

店員「あの。お名前は・・・。」

トニー「ライオネルです!ライオネル・レオーネです!」

店員「ライオネルさんですね?では住所を・・・」


申請書の書き込みは無事終わった。そしてついに仕事がもらえることになった。

店員「じゃあ~この店の隣に空き地があってですねー。その中にタクシーがありますので警察署に乗っていってください。」

トニー「分かりました・・。」

店員「あの顔・・・もしかして・・・。」

俺は例の空き地に行った。


ULUS-10041_11111922513_203.jpg




トニー「これのことか!?」

俺は車を走り出した。

トニー「だが警察署なんて一番行きたくない場所だ・・・。仕方ない。生きていくためだ。」


警察署についた。

ULUS-10041_111119225331_303.jpg





トニー「ここで待ってればくるか・・・。」


ULUS-10041_11111922549_164.jpg



ガタ!と扉が開いた。


ULUS-10041_111119225448_669.jpg


???「いやぁぁ~待ってたぜ!裏AMAZON!!」

トニー「裏AMAZON?あそこはファンショップのはずだぞ?」


ULUS-10041_111119225926_923.jpg



???「おや?配達員のくせにあそこをファンショップだなんて思ってたのか?あそこは裏AMAZONっていってAMAZONが違法なルートで手に入れたブツを通信販売してるのさ。」

トニー「(だからあそこまで日給が高かったのか。)」

ULUS-10041_111119225746_684.jpg

???「若者よ。名前はなんていうんだ。」

トニー「なんでそんなことを聞くんだ?」

???「一応な。」

トニー「ライオネル。ライオネル・レオーネだ。」

ジャンキー「俺はジャンキー。ジャンキー・メイソンだ。一応これでも刑事だ。」

トニー「(メイソン・・・。どこかで聞いた名前だな・・・。)刑事がこんな所で取引していていいのか?」

ULUS-10041_111119225926_923.jpg

ジャンキー「お前は上司が悪いことしててその上にそのことをちくるか?」

トニー「いや。」

ジャンキー「それと同じだ。だいぶ長話になったな。じゃあブツを受け取ろうか。どこにある?」

ULUS-10041_111119225746_684.jpg




トニー「トランクの中だろ。多分・・・。」

ジャンキー「おいおいww多分なんてゆうなよww」


ガチャっと音をたてジャンキーはトランクを開けた。


ULUS-10041_11111923119_597.jpg

ジャンキー「ヒャッホー。ついに念願のスパスショットガンをゲットだ!」

トニー「これで俺の仕事も終わりか?」

ジャンキー「ああ!ご苦労さま!じゃーなライオネル!」

俺は車を走らせようとした。すると!


ULUS-10041_11111923246_573.jpg


SWAT「SWATだ!!!手を上げろ!」

トニー「おいおい!冗談だろ!?」



ULUS-10041_11111923431_825.jpg



ジャンキー「ライオネル!逃げろ!これは俺の責任だ!」


ULUS-10041_11111923514_324.jpg




トニー「あぁ!そうさせてもらうぜ!」



俺は逃げた!これから俺の逃走劇が始まる!


第二話  完!
スポンサーサイト
[ 1977/04/07 20:35 ] GTA物語 | TB(0) | CM(2)
スッ・・・スクリーンショットが上手すぎる・・・。
ベットに寝てるとことか最高ですね。

裏AMAZON吹いたww
[ 2011/11/22 21:32 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> スッ・・・スクリーンショットが上手すぎる・・・。
> ベットに寝てるとことか最高ですね。
>
> 裏AMAZON吹いたww

ありがとうございます。
[ 2011/11/23 19:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

ドラクエ風アクセスカウンターもどき
FC2カウンター
プロフィール

yaruo11

Author:yaruo11
主にPSPのゲームをプレイします!!
youtubeやってます。☛http://www.youtube.com/user/yaruo11?feature=mhee
PSPのセーブデータも配布しています。
パスワードは「GTAMAX」です。

最新トラックバック
文楽みくじ
Flash Piano
YouTube×ニコニコ動画 ブログパーツ(白)

非常ボタン
デジタル・コルクマ3
コルクマワールド
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
8832位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソニー(プレイステーション)
300位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。